はじめてのDjango入門
第2回 DjangoでWebアプリ開発を始める準備

まずは開発環境の準備をしよう。

こんにちは、あらたまです。

さて今日は「はじめてのDjango入門」の第2回目です。

おさらい

前回の「第1回 Djangoってなんだろう」では

Djangoを使えばPythonというプログラミング言語でWebサービスを作ることができる。

というお話をしました。

今日はDjangoを使って開発するための準備をして行きましょう!

準備をする手順

DjangoでWebアプリを開発するためには、 次の3つの手順で準備を行います。

  • Pythonのインストール
  • 仮想環境を作成する
  • Djangoのインストール

それでは、ひとつずつやっていきましょう。

Pythonのインストール

最初にプログラミング言語『Python』を開発できる環境を整えます。

パソコンの顔面の左下、「ここに入力して検索」をクリックします。 ここを入力して検索

「mi」と入力し、上に表示された「Microsoft Store」をクリックします。

「Microsoft Store」が表示されたら、右上の「検索」をクリックします。

「Python」と入力して、表示された「Python 3.8」をクリックします。

「入手」をクリックします。

インストールが完了するまで、しばらく待ちましょう。

「この製品はインストール済みです」と表示されたら、Pythonの設定完了です!

仮想環境を作成する

続いて、Pythonの仮想環境を作成していきます。

仮想環境とは?

Pythonでは開発するときに、それ専用の環境を作成することができます。

作成した専用の環境は、簡単に切り替えて使用することができます。

この専用の環境のことを「仮想環境」と呼びます。

仮想環境はなんの訳に立つの?

例えば、あなたが持っているパソコンが1台だけだとします。

そのパソコンで

  • ブラウザでアクセスする予約システム
  • 画像を解析する人口知能

という2種類のアプリを開発をしたいとき、 2つのアプリですべきPythonの設定がまったく異なります。

今日はどちらのアプリの作業をするのか、 それによってたびたびPythonの設定をやりなおすのは大変ですよね。

そこでそれぞれに専用の環境を作って、 切り替えながら開発をしていくわけです。

仮想環境を作ろう

それでは、今回 Djangoを勉強するための「仮想環境」を用意しましょう。

「ここに入力して検索」に「cmd」と入力し、表示された「コマンドプロンプト」をクリックします。

仮想環境を新しく追加するコマンドは
python3 -m venv 仮想環境の名前
です。

今回は「pikopiko_django」という名前の仮想環境を作りたいと思います。

コマンドプロンプトに python3 -m venv pikopiko_django と入力してエンターキーを押します。

しばらく待って、再びコマンド入力状態になったら、仮想環境の追加が完了です。

仮想環境を切り替える

作成した仮想環境へ切り替えるコマンドは
仮想環境の名前/Scripts/activate

です。

コマンドプロンプトに pikopiko_django/Scripts/activate と入力してエンターキーを押します。

左側に仮想環境名が表示されたら、切り替え完了です!

Djangoのインストール

それでは仮想環境にDjangoをインストールしていきます。

Djangoのインストールにはpipコマンドを使います。

pipとは?

Pythonでは、様々な追加機能を取り込むんで、 効率よく開発をすることができます。

この追加機能のことを「パッケージ」と呼びます。

Djangoもこの数ある「パッケージ」のひとつです。

そして、Pipはパッケージの追加・管理を サポートしてくれる便利ツールです。

Pipを使うことで、簡単にパッケージを追加できたり、 削除したりすることができるわけです。

PipでDjangoインストールする

それでは実際にDjangoというパッケージをPythonに追加してみましょう。

Djangoをインストールするコマンドは
pip install django
です。

コマンドを入力してエンターキーを押します。

Djangoのインストールが始まりますので、しばらく待ちます。

「Successfully installed」と表示されたらDjangoのインストール完了です!

これで、DjangoでWebアプリを開発する準備ができました!

今回はここまでです!

次回は「プロジェクトの作成」についてお話をしたいと思います。

次回へ続く

>> 続きの記事
【はじめてのDjango入門】第3回 プロジェクトとアプリケーションの作成