はじめてのDjango入門
第3回 プロジェクトとアプリケーションの作成

「アプリケーション」っていろいろな意味があるんだね。

こんにちは、あらたまです。

さて今日は「はじめてのDjango入門」の第3回目です。

おさらい

前回の「第2回 DjangoでWebアプリ開発を始める準備」では

Djangoを使って開発を始めるための準備をしましたね。

今日からはいよいよWebサービスの開発に入っていきたいと思います。

DjangoのWebサービスの構成

まずは下の図を見てみてください。
プロジェクトとアプリケーションの関係を表した図です。

最初に「プロジェクト」があって、その中に「アプリケーション1~3」があることが表されています。

Djangoで作るWebサービスは、このようにプロジェクトアプリケーションから構成されています。

もう少し詳しく見てみましょう。

プロジェクト

Projectという英単語は、『(規模の大きい) 計画、企画、事業』という意味です。

DjangoでWebサービスを作るときは、まさに「そのWebサービスそのもの」が「プロジェクト」に当たります。

例:美容室オンライン予約サービスの場合

例えば「美容室オンライン予約サービス」を作りたいときには、下の図のようになります。

実際に開発するときも、まず最初にこの「プロジェクト」という 枠組みを作ることになります。

アプリケーション

続いてアプリケーションについてです。

ひとつのプロジェクトの中には、複数の「アプリケーション」を持つことができます。

Applicationという英単語は、様々な幅広い意味がありますが、コンピューター用語での「アプリケーション」は「用途に応じて作成されたソフトウェア」のことを指します。

Djangoの場合は「用途に応じた機能の集まり」と考えるとわかりやすいかもしれません。

例:美容室オンライン予約サービスの場合

「美容室オンライン予約サービス」の例だと、下の図のようになります。

Webサービス全体である「プロジェクト」の中に、店舗担当者用のアプリケーション(機能のまとまり)と、お客様用のアプリケーション(機能のまとまり)が含まれているわけですね。

今回、開発するプロジェクトとアプリケーション

さてそれではこれから作成していく、プロジェクトとアプリケーションについて考えてみましょう。

今回は、ブラウザでアクセスすると「Hello World!!」と表示するだけのWebサービスを作ろうと思います。

プロジェクトとアプリケーションはこのようにしようと思います。

シンプルなサービスですので、アプリケーションもひとつだけにしています。

それでは、開発をはじめていきましょう!

Pythonの仮想環境に入る

まずは、前回作成した仮想環境に入るところから始まります。

すでに仮想環境に入っているかたは、ここはとばして「プロジェクトを作成する」に進んでください。

「ここに入力して検索」に「cmd」と入力し、表示された「コマンドプロンプト」をクリックします。

コマンドプロンプトに
pikopiko_django/Scripts/activate
と入力してエンターキーを押します。

左側に仮想環境名が表示されたらOKです!

プロジェクトを作成する

仮想環境に入ったら、プロジェクトを作成します。
プロジェクト名は「hello_world_project」としたいと思います。

プロジェクトを作成するコマンドは
django-admin startproject プロジェクト名
です。

django-admin startproject hello_world_project
と入力して、エンターキーを押します。

しばらく待つと再びコマンド入力状態になります。

作成されたプロジェクトの確認

作成されたプロジェクトを確認してみましょう。
explorer .
と入力して、エンターキーを押します。

表示された場所に「hello_world_project」というフォルダが新しく出来ているのが確認できます。

これが、いま作成されたプロジェクトのファイル群です。

アプリケーションを作成する

続いてアプリケーションの作成をしていきましょう。

まずはプロジェクトの中に移動します。
cd hello_world_project
と入力して、エンターキーを押します。

「>」の左側が、「hello_world_project」の中に移動すればOKです。

アプリケーションを作成するコマンドは
python manage.py startapp アプリケーション名
です。

python manage.py startapp main_app
と入力して、エンターキーを押します。

しばらく待つと再びコマンド入力状態になります。

作成されたアプリケーションの確認

さきほど作成された「hello_world_project」のフォルダを開きます。

表示された場所に「main_app」というフォルダが新しく出来ているのが確認できます。

これでプロジェクトとアプリケーションを作成することができました!

もういちど最初の図を見てみましょう。

この図のように、プロジェクトフォルダとその中にアプリケーションフォルダを作ることができましたね。

今回はここまでです!

次回は「画面の作成」についてお話をしたいと思います。

次回へ続く